長崎市の男性 フグ調理し中毒死・国内・海外・経済・スポーツ・エンターテイメント・ホビー・テクノロジー・地域情報など、幅広いジャンルの中より気になる出来事を独自的な視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎市の男性 フグ調理し中毒死


長崎市食品衛生課は5日、同市内の63歳の男性がフグによる食中毒で死亡したと発表した。 同課によると、男性は4日午後9時半ごろ、知人からもらったフグを自ら調理し、刺し身で食べたという。5日午前2時ごろ、呼吸が停止するなど食中毒の症状を発症し、同日午後0時45分に搬送先の病院で死亡した。

フグの毒は加熱に大変強く、調理程度の加熱では壊れません。 

トラフグ一匹分で約10人を殺傷してしまう毒量を持っており、                                                     

青酸カリの千倍以上とも言われています。

フグの素人調理は大変危険です!!

絶対にやめましょう・・・・      

〔引用 ライブドアNEWs〕 http://news.livedoor.com/trackback/2957401                   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。